脂肪肝の原因

HOME > 脂肪肝の原因

脂肪肝の原因として、アルコール、食べすぎ・肥満、糖尿病の3つが考えられます。

アルコールと食べすぎ・肥満は食生活の乱れや栄養過多の積み重ねが原因になっている場合が多いです。

アルコールが原因の場合は、お酒の量を減らしながらさらに食事のカロリー制限で肝臓に蓄積した脂肪を徐々に落としていくようにします。

食べすぎや肥満の場合には、栄養過多であったりカロリーオーバーで肝臓に脂肪が蓄積しているので、摂取カロリーの制限と食生活の見直しが必要です。

またウォーキングなどの運動を1日30分以上行うことも効果的であるとされています。

    健康診断でGOTやγ-GPTなどの数値やエコー診断などでも脂肪肝の指摘をされる人には、肝臓をサポートしてくれる成分が多く入っている脂肪肝 サプリが人気です。

    ただサプリで改善されるものではないので、食生活の見直しや運動を行うことが脂肪肝の改善には重要になってきます。